ビックカメラポイントからANAマイルへの交換ルート

ビックカメラポイントからANAマイルへの交換ルート

  • 公開日:
  • 更新日:

ビックカメラ「ビックポイント」をANAマイルへ交換する方法は、少し複雑ですが、いくつかのカードやポイントサイトを経由することで、54%でANAマイルへ交換できます。レートは少し低めですが、ビックポイント自体が購入価格の10%など還元率がとても高いため、マイルを効率よく貯めることができます。

【ビックポイント⇒ANAマイル】交換ルート

  1. ビックカメラ

    ビックポイント
    1500ポイント

    66%(約3日)※ビックカメラ JQ SUGOCAカード必須

  2. JRキューポ

    JRキューポ
    1000ポイント

    100%(約7日)

  3. Gポイント

    Gポイント
    1000G

    100%(約2~3日)

  4. LINEポイント

    LINEポイント
    1000LINEポイント

    90%(毎月15日締め・翌月10日頃交換)※ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)必須

  5. メトロポイント

    メトロポイント
    900ポイント

    90%(約1~2ヶ月)※ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)必須

  6. ANAマイル

    ANAマイル
    810マイル

交換レート 54% 交換期間 約67日~113日

交換にかかる期間が長いため、計画的に移行を進めましょう。

交換に必要なもの

上記の交換ルートでは下記のクレジットカードや会員登録が必要となります。

クレジットカード

  • ビックカメラ JQ SUGOCAカード
  • ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)

会員登録

  • ビックカメラ.com
  • JR九州Web会員
  • Gポイント
  • LINEポイント
  • To Me CARD 会員
  • ANAマイレージクラブ

ビックポイント⇒JRキューポ

ビックカメラのポイント(ビックポイント)は、JALマイルには直接交換できますが、残念ながらANAマイルへは直接の交換ができません。

まずビックカメラのクレジットカードの「ビックカメラJQ SUGOCAカード」を使って、ビックポイントをJRキューポのポイントに交換します。

なお、一度JRキューポに交換したビックポイントは、ビックポイントへ付け戻すことができませんのでご注意ください。

交換レート・期間
ビックポイント 1500ポイント⇒JRキューポ 1000ポイント
(交換期間:約3日、最小交換ポイント数:1500ポイント、交換単位:1500ポイント、交換レート:66%)

ポイント共通利用手続きが必要

既にビックポイントカードをお持ちの方は、ビックカメラ.comに会員登録し、ポイント共通利用手続きを行いましょう。

手続きはとても簡単で、ポイントカードに記載されているカード番号とPINコードを入力するだけ完了します。

同じ手順でビックカメラJQ SUGOCAカードを手に入れたら、ポイント共通利用手続きを行いましょう。これで、通常のビックポイントカードで貯めたポイントを、JQ SUGOCAカード経由で、JRキューポに交換することができます。

直接JALマイルに交換するよりお得

ビックポイントは、JALマイルへ直接交換できますが、その時のレートは、4000ポイント⇒1000JALマイル(25%)とかなり低いです。そのため、交換ルートは複雑ですが、ANAマイルに軍配があがります。

JRキューポ⇒Gポイント

JRキューポへのポイント交換が完了したら、続いてGポイントへ交換します。Gポイントへは交換レート100%で交換できます。

Gポイントへの登録がお済みでない方は下記よりご登録へお進みください。(Gポイントは提携先が豊富なため、今後、Gポイントを活用する機会が多くなるため、登録しておきましょう。)

交換レート・期間
JRキューポ 1000ポイント⇒Gポイント 1000G
(交換期間:約7日、最小交換ポイント数:1000ポイント、交換単位:100ポイント、交換レート:100%)

Gポイント⇒LINEポイント

Gポイントに交換後、LINEポイントへ交換します。LINEポイントへも交換レート100%で交換できます。

なお、Gポイントでは交換手数料として、5%分のGポイントが必要となりますが、ポイント交換手数料還元対象サービスを利用することで、交換後、対象期間内に1件でもポイントの獲得が完了すれば、手数料が戻ってきます。

交換レート・期間
Gポイント 1000G⇒LINEポイント 1000LINEポイント
(交換期間:約2~3日、最小交換ポイント数:100G、交換単位:100G、交換レート:100%)

ポイント交換手数料還元の仕組み

ポイント交換手数料が還元されるのは、ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4ヶ月後の末日まで対象サービスでのポイントが完了していれば、手数料が戻ります。

対象期間がポイント申請日の前後で長めに設定されているので、普段からGポイントを使ってポイントを獲得していれば、あまり気にする必要はないでしょう。

LINEポイント⇒メトロポイント

LINEポイントへ交換完了後、メトロポイントへ交換します。メトロポイントへの交換は、ANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード)が必要となります。クレジットカードで発行までに時間がかかるため、早めに申込んでおきましょう。

LINEポイントからメトロポイントへの交換レートは90%です。交換期間が、毎月15日締め、翌月10日頃の交換完了と少し変則的なため、月半ばまでには交換申請をしておくことを覚えておきましょう。

ポイント交換の締め日に注意

締め日の15日を逃すと、翌月の15日の締め日まで1ヶ月かかり、メトロポイントへの交換までトータルで約2ヶ月かかってしまうので、注意しましょう。

ソラチカカードはポイント交換時に必要

LINEポイントからメトロポイントへ交換する際に、ソラチカカードのTo Me CARD お客様番号(10桁)の入力が必要となるため、この時点で必ずソラチカカードが必要となります。

必ずソラチカカードのお客様番号を入力

To Me CARDを複数持っている場合でも、貯めたメトロポイントを合算できないため、LINEポイントから交換する際は、必ずソラチカカードのお客様番号を入力してください。

交換レート・期間
LINEポイント 1000LINEポイント⇒メトロポイント 900ポイント
(交換期間:毎月15日締め・翌月10日頃完了、最小交換ポイント数:300LINEポイント、交換単位:300・500・1000LINEポイント、交換レート:90%)

メトロポイント⇒ANAマイル

いよいよ念願のANAマイルへの交換となります。ソラチカカードを利用することで、90%の交換レートでANAマイルへ交換できます。(ソラチカカードではない、通常のTo Me CARDの場合、60%となるのでご注意ください。)

メトロポイントからの交換期間は、約1~2ヶ月と長めなので、気長に自分のANAマイルに入ってくる日を待ちましょう。

交換レート・期間
メトロポイント 900ポイント⇒ANAマイル 810マイル
(交換期間:約1~2ヶ月、最小交換ポイント数:100ポイント、交換単位:100ポイント、交換レート:90%)

まとめ

ビックカメラのポイントからANAマイルへの交換ルートは、5段階で最短でも2ヶ月と非常に長い道のりですが、ポイントが貯まりやすいビックカメラで貯めたポイントがANAマイルに変わることは魅力的で陸マイラーにはメリット大の交換ルートです。

例えばビックカメラで15万円分のお買い物をした場合、8100マイルに交換することができます。(ポイント還元率10%で15000ポイント獲得した場合)

交換にあたっては、ビックカメラJQ SUGOCAカードとソラチカカードの2つのクレジットカードが必要となるため、早めの準備をおすすめします。

【執筆・監修】この記事を書いた人

ひろ

陸マイラー・ANAマイラー

ひろ

旅行が趣味でANA SFC歴2年目です。国内線はANA、国際線はスターアライアンスを中心に搭乗しています。夢は貯めたマイルでファーストクラスに乗ることです。

※本ページは、独自に調査・監修し掲載している内容のため、実際に各サービスの登録・利用及びポイント取得・交換等を行う場合は、各サービスの最新の利用規約・交換条件等を十分にお確かめの上、自己の責任でご利用ください。