ビックカメラでポイント・ANAマイルを2重取り【店舗・オンライン】

ビックカメラでポイント・ANAマイルを2重取り【店舗・オンライン】

  • 公開日:

大手家電量販店のひとつであるビックカメラでは、独自のポイントサービスとして「ビックポイント」が貯まりますが、クレジットカードや電子マネーを利用することで、より効率よくポイントを貯めることができます。また、これらのポイントをANAマイルに交換することも可能です。

店舗とオンラインでの違いを理解する

ビックカメラは全国各地の店舗のほかに、「ビックカメラ.com」というネットショップも展開しています。

店舗でもオンラインでもビックポイントを貯めることが可能で、さらに「ポイント共通利用」の手続きをすることで、店舗とオンラインの両方でポイントを共有できるようになります。

ビックカメラでのポイントの還元率は基本10%となりますが、店舗の場合、クレジットカードでの支払いをすると8%に還元率が下がってしまうので注意が必要です。
店舗のクレジットカード払いでも、現金払いと同じ10%の還元率を維持するためには、ビックカメラグループのクレジットカードを利用する必要があります。

一方、オンラインの場合はクレジットカードの種類に関わらず基本10%のポイントが還元されます。

ただし、店舗・オンラインいずれにおいても、商品によっては10%未満のポイント還元率が個別に設定されている場合もあるので、購入時にはよく確認するようにしましょう。

ビックポイント還元率(基本10%対象商品の場合)

店舗 オンライン
現金払い 10%
カード払い
(通常)
8% 10%
カード払い
(提携カード)
10% 10%
交通系IC
楽天Edy
WAON
nanaco
10%

【店舗】ビューカードでチャージしたSuicaで支払

ビューカードでチャージしたSuicaで支払をすることで、ビックポイントとJREポイントを2重取りすることが可能です。

Suicaチャージでポイントの貯まるクレジットカードは少ないのですが、ビューカードの場合、Suicaチャージでなんと1.5%ものJREポイントが貯まります。
さらに、Suica支払いではビックポイントも現金と同様に10%還元されるので、合計11.5%ものポイントを貯めることができるのです。

さらに、ビックポイント・JREポイントいずれも54%のレートでANAマイルに交換することができるため、購入額に対して6.21%のANAマイルを獲得することが可能です。

10,000円の買い物をした場合

ポイント ANAマイル換算
ビックポイント 1000ポイント
(10%)
540マイル
(5.4%)
JREポイント(Suicaチャージ) 150ポイント
(1.5%)
81マイル
(0.81%)
合計 1150ポイント
(11.5%)
621マイル
(6.21%)

Suicaチャージは2万円まで

Suicaにチャージできる金額は20,000円までと上限が決まっているため、テレビのような高額商品を購入する際には不向きです。チャージ額が不足した場合は他の支払方法で差額を支払う必要がありますのでご注意ください。

【店舗】ビックカメラJQ SUGOCAで支払

ポイント還元率が現金と同様の基本10%となる提携カードの一つである「ビックカメラJQ SUGOCA」の支払いでは、ビックポイントとJRキューポの2重取りが可能です。

ビックポイントが10%、JRキューポは0.5%還元されるため、ポイント還元率としては10.5%となります。

さらに、ビックポイントは54%、JRキューポは81%という高レートでANAマイルに交換することができ、最終的なANAマイル換算での還元率は約5.8%となります。

10,000円の買い物をした場合

ポイント ANAマイル換算
ビックポイント 1000ポイント
(10%)
540マイル
(5.4%)
JRキューポ 50ポイント
(0.5%)
40.5マイル
(0.405%)
合計 1050ポイント
(10.5%)
580.5マイル
(5.805%)

【店舗】ココイコ!+ANAカードで支払

ANAマイルを効率よく貯めるクレジットカードといえばANAカードですが、ビックカメラでの支払いに利用するとビックポイントの還元率が基本8%と通常よりも低くなってしまいます。

その減少分を少しでも補うためには、三井住友カードの「ココイコ!」を利用するのがおすすめです。

ココイコ!は三井住友カードが会員向けに提供しているサービスで、事前にエントリーしてから店舗で三井住友カードで支払いをすると、付与されるポイントが増量されます。
ビックカメラの場合は基本2倍のポイントが付くようになります。

追加で付与されるポイントは通常ポイントではなく、プレミアムポイントとして付与されます。プレミアムポイントはソラチカルート経由だと1ポイント4.05マイル相当になります。

必ずココイコ!でエントリーしてから三井住友のANAカードで支払いをするのがおすすめです。

10,000円の買い物をした場合

ポイント ANAマイル換算
ビックポイント 800ポイント
(8%)
432マイル
(4.32%)
ワールドプレゼント
(通常ポイント)
10ポイント
(0.1%)
100マイル
(1%)
※10マイルコース
ワールドプレゼント
(プレミアムポイント)
10ポイント
(0.1%)
40.5マイル
(0.405%)
※ソラチカルート
合計 820ポイント
(8.2%)
572.5マイル
(5.725%)

【オンライン】ポイントサイト経由でANAカードで支払

オンラインの「ビックカメラ.com」の場合は、カードの種類に関係なく基本10%のビックポイントが付与されるため、ANAマイルを貯めるためにはANAカードでの支払いがおすすめです。

モッピーなどの各種ポイントサイトを経由することで、さらにポイントサイトのポイントも獲得できるので、経由するのを忘れないようにしましょう。

10,000円の買い物をした場合

ポイント ANAマイル換算
ビックポイント 1000ポイント
(10%)
540マイル
(5.4%)
ワールドプレゼント
(通常ポイント)
10ポイント
(0.1%)
100マイル
(1%)
※10マイルコース
ポイントサイトのポイント 200ポイント前後
(2%前後)
160マイル前後
(1.6%前後)
※ソラチカルート
合計 1210ポイント前後
(12.1%前後)
800マイル前後
(8%前後)

まとめ

ビックカメラでは店舗とオンラインではポイントの付き方が違うので注意が必要です。

ANAマイルを貯めるうえでは、オンラインでポイントサイト経由のANAカード決済で決まりですが、店舗の場合は様々な支払方法が考えられます。

ビックカメラJQ SUGOCAはビックポイントをANAマイルへ交換する際に必須ですし、ビックカメラのポイントカードとしての役割も果たすので、レジではこのカード1枚を出すだけで済みます。
ビックカメラJQ SUGOCAよりもANAマイル還元率の高い支払方法はありますが、一番シンプルですし、カードの年会費を無料にするためにも、私はビックカメラ店舗での支払いはビックカメラJQ SUGOCAを利用しています。

【執筆・監修】この記事を書いた人

ほし

陸マイラー・ANAマイラー

ほし

新卒時代にボーナスを使ってSFC修行を行い、現在はSFC歴6年目。クレジットカードやポイントサイトを使ってANAマイルが効率よく貯まるように日々最新情報を調べています。

※本ページは、独自に調査・監修し掲載している内容のため、実際に各サービスの登録・利用及びポイント取得・交換等を行う場合は、各サービスの最新の利用規約・交換条件等を十分にお確かめの上、自己の責任でご利用ください。